ブログ

小学生の家出

神戸市灘区、阪神岩屋、兵庫県立美術館、王子動物園近く、大人の隠れ家


『たっぷりの野菜が抜群に美味しい・
フランス料理・ビストロトナリャオ』の
小林です。



昨日営業終わり徒歩で帰宅途中に
同じマンションのパパ友さんに
出会いました。


そのパパ友さんの開口一番、

『うちの息子、トナリャオに行ってない?』と・・・


私は何のこっちゃ分かりませんでしたが、
話を聞いた所、

パパ友さんの子供が家出したらしく、
辺りを探していた途中に私と遭遇。



家出した息子さんは私の長女(小5)と同級生で
幼馴染みで現在も同じクラス、


私のお店にも1人でちょこちょこ遊びに
来ていた事もありましたが。


で、
その時はもう夜0時前。

家出したのは21時くらい。



ママさんに宿題しろ!などと口うるさく言われて、
何も持たずに勢いで家出らしいです(苦笑)




小学生の男の子なので
ほっといてもお腹が空いたら帰って来ると
思うんですが、


万が一変な事が起こったら嫌なので、
私も心配になり一緒に探す事に。



私たちの住むマンションはオートロックなので、
マンション外に出ると鍵がないと入れないので
マンション内のどこかにいるだろうと、
いろんな所を隈無く探しましたがいません。



学校かぁ~と思い、

学校まで行ってもいない。


宿題しない子が学校なんか行くわけないですね(笑)


夜の学校って大人でも怖い~。


ピアノの音が聞こえたら震えます(笑)




で、1時間ぐらい駅や公園を探し回ったところで、
ママさんから電話で帰って来たとの連絡があり
一安心。




何処に行ってたかと聞いたら、
御影まで歩いて行って帰って来たらしい(驚)!!!



岩屋から御影まで往復歩きって・・・



これってスゴいですね!


私はよー歩きません(笑)




息子さんの無事帰宅を聞いてパパ友さんと
いろんな話をしながら帰りました。


きっとパパが帰って来たら怒られると
思ってドキドキしてると思います。






けれど親が頭ごなしに怒っても
子供には伝わりません。


今回の出来事に至った経緯をしっかりと
息子さんに聞くべきだと思います。



そして、家出して小学生が夜1人でいると、
あんなこんな危険な事があると教える事が大切だと思います。



今回の事をよい経験としたらいいんではと
私は思います。




実はうちの息子も家出した事があります。


しかも小1の時です(笑)


なかなか、やるでしょ~(笑)



その時は息子のいい分をちゃんと聞きました。





大人が先に頭ごなしに言ったら
子供は心を閉ざします。


大きくなるに連れて
どんどん親と会話をしたくなくなります。


そして嘘をつくようになり隠し事や
陰で悪さも積み重ねるようになるんですね~。



これって、全部私が子供の頃に経験して思った事です(笑)



勉強がキライなので宿題もしたくない、
当然成績も悪い、親や先生にも口うるさく
言われる・・・



出来る子と比べられる・・・


すると、




はい!


私のような劣等生の一丁上がりです(笑)







まだこの世に来て10年くらいしか経っていない
小さい子供です。


ちゃんと出来なくて当たり前。





耳を塞ぎたくなる事を言われると、
男の子だったらだいたい、

『うるせー!クソババァ―!!』と
頭の中で思っているでしょう(笑)



それもこれも私たち生まれた時から
自然に洗脳されている明治時代からずっと同じように
続けられている学校教育がそうさせているのです。



よーく考えてみて下さいね、



なぜ学校に行かないとダメなのか?

なぜ勉強しないとダメなのか?

なぜ宿題しないとダメなのか?

なぜチャイムがなったら教室に戻らないとダメなのか?

なぜ授業中は机に向かって椅子に座らなければダメなのか?

なぜ・・・???



きっと大人は子供に対して
しっかりと説明せずにモヤモヤ~と
言ってるのがほとんどだと思います。





あなたはこれらの
なぜを小学生に説明出来ますか?






小学生に理解出来るように
なぜこのようにしなければならないか?と
納得して理解させる説明を大人、親には必要だと思います。



今、勉強しなければ将来困るよ―!!





よく言われました(笑)






小学生の子供に将来困ると言われても
ピンとこないです。


でも何となく分かっているけど
やる気が出ないだけなんです。



なので、やる気が出るように
親も考えなければなりません。



だから親も時代にそって成長しなければなりません。


私も子供たちと一緒に成長しなければなりません。


子供が成人するまで親も半人前です。


親の言う事が絶対子供に対して正しいとは
限らないのです。









何だか話がマジメな方に行きましたね(苦笑)


現在小学生のお子様がいる方は
一度考えて見て下さい。



もし、うちの子はちゃんとしてるから大丈夫!と、
思われてても、






これってもしかしたら子供自身が
周りに気を使って、

『大人にとって都合のいい子供』に
演じてるだけで我慢しているのかもです。




これからの時代、個性が絶対必要です!!!



普通にしててもこの先、
普通の事は機械がやってくれますから(苦笑)



なので個性を生かさないと
生活出来ない時代になると思います。



勉強を真面目にしていたら良かった時代に
比べるとこっちのほうが大変かもですね!




私たち大人も時代にそって考え方を
変えなければ・・・ですね。





では、また!



まぁ、家出からの無事帰宅、
良かった、良かった(笑)



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!


=============================

【住所】 神戸市灘区岩屋北町4-4-9

【予約TEL】078-801-2366

【メール】 tonaryaori@gmail.com

【発行責任者】 
   『たっぷりの野菜が抜群に美味しい・
       ビストロ トナリャオ』
     オーナーシェフ 小林賢史



ランチ: 12:00~、(前日迄の要予約)
ディナー:18:00~22:00(L.O.)
定休日:日曜(不定休、イベント等で臨時営業日有り)



ホームページ:http://www.tonaryao.com/sp/index.html

子煩悩シェフ小林のfacebookページ:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008107603044

(FB友達申請大歓迎です(^-^)/)

==========================
【メールアドレスの変更はこちらからお願い致します】
https://1lejend.com/stepmail/edit.php?no=xmzxcc

【登録解除はこちらからお願い致します】
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=IRnMsenUg
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です