ブログ

独立して起業すること…その②

神戸市灘、岩屋の隠れ家、フランス料理ビストロトナリャオの小林です!http://www.tonaryao.com/


私は学生時代、結構なアホたれでした。
勉強嫌いやし、当然成績も悪い、ちゃんとした言葉も使えない…

唯一、野球が好きだったので野球をしに学校に行ってた、ただの野球バカです。
まぁ野球バカは結局、野球もちゃんと出来ないんですけどね…(笑)


勉強出来ひんからとりあえずコックでもしよ~

何がとりあえずや!!こんな動機でナメた奴でした(笑)


若い修行時代は何社かのホテルを移りまわり、いろんな先輩、後輩と出会い、たくさんの方にお世話になりました。



独立するまでの前職のホテルでは料理長もさせてもらい、給料もそれなりにいただき、普通に何事もなく定年まで働ければ極普通の家庭の暮らしをしていたと思います。


主に料理長の仕事はお客様からの依頼のメニューやシーズン事のイベントメニュー作り、料理原価調整、食品衛生管理、PA人件費、売上予測等々あり、なかでも月始の社長、取締役参加の全体会議、週二回の部署の会議があります。
後、ホテルというトコはお客様に付加価値を与えて報酬を頂くところですが、まぁ面白いぐらいヒューマンミスが多くてその度に緊急会議ありで…


業種問わず組織の中間管理職はこんな感じだと思うけど。


週二回の会議で一週間の理論食材原価予測と実原価の検証を報告するのが、毎週毎週、億劫で億劫で仕方なかった。
こんなんして何か役立つんか?
数字合わんかっても誰も困ってないやん。てな感じで…(笑)


新メニューの試食では、社長以下他部署数名おっさんばっかり集まって、味が濃いだの、薄いだの、ボリュームがもっと…彩りをもっと…価格をもう少し安く…原価を落として…

まぁ数名で部署も違うし、いろんな人それぞれの考え方、性格もあり、その日の会議一発で決まるなんてありません。
女性のスタッフも入れると切り口も変わった案が出ると思うんやけどなぁ…と思ったりしながら。


「じゃあ小林料理長、今日の課題を検討していただいて来週また試食お願いします」



ダ〰!また来週って!どんだけ時間掛けて作った思ってんねん!簡単に言いよってからに!!
1つ決めんのにどんだけ時間かけるねん!!
俺、そんなに暇ちゃうぞ!!!


素材に相性合わない香草をつけてみたり、彩りにミニトマトやパプリカ切ったやつをつけたり…
どうでもいいペルシアッシェやピンクペッパーふったり…


何だかなぁ…

これは俺の料理じゃあないなぁ…

野球も好きやけど、俺の好きな料理作りたいねんけどなぁ…


このような感じで年月が過ぎ…


心の中の起爆スイッチが押された‼
よし!やりたい料理を作ることを仕事にして、それで家族と普通に生活できるようにしよう!
やると決めたからには絶対弱音は吐かんでー!


料理長の仕事を一部抜粋して書きましたけど、決して嫌な事ばかりではないです。
勿論、良い事も沢山あったし、組織としてまわりに仲間がいて助けてもらった事も多々ありました。


男として組織の中で出世したい!
家庭がある人は当然、出世して給料多く貰いたいと誰もが普通に思うでしょうね。


会社でそれなりのタイトルを貰うと少なからずとも人が寄ってくる。
小林と言う一人の人間ではなく会社がくれた肩書きに…だと思ってた。


40やそこらの歳であぐらかいてたらアカンやろ!
もう一人の俺が叫んでる‼(笑)


ホテルの料理長として、やりがいを持って頑張る方たちを沢山知っています。
その方たちも悩みながら会社の為に職を真っ当して立派だと思います。




今、私は社会的地位もお金もないです(笑)


オーナーシェフとして心配事なんか言いだしたら切りがないし、日々不安で不安で仕方ない時もあります。
経済的にも独立してから正直苦しいです。



でもその代わりに心は貧しくないし、満たされています。
それとオーナーシェフってホンマに楽しいし、面白い!


大好きな妻と子供たちが居てくれて、幸い元気やし、住む家があって、好きな事を仕事にしている。
これ以上贅沢はいらないと思っている。





一つだけ贅沢言うなら、月末の支払いを心配ないくらい売り上げがあったらなぁ…(笑)



独立して起業すること…その②


やりがいを持ってやりたい事を仕事にすると楽しくて面白い!
いろんな事で心が満たされる…(笑)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です