ブログ

【恐怖】選挙に行かないとで未来に起こること

 

こんにちは。
 
神戸市灘区阪神岩屋

お箸で食べるフランス料理 
ビストロトナリャオの小林です。




突然ですが、あなたは
いつも選挙に行かれますか?


今日は選挙に行かないことで
起こる恐怖の未来をお見せします。


最近、アメリカの大統領が変わりましたね。


共和党のトランプさんから
民主党のバイデンさんに変わったので
アメリカ国内は大きく変化することが予想されます。


また、バイデンさんが中国と
お近づきになろうとしているという
話もあります。


世界の2大大国が近づくとなると
世界的にも、かなり大きな変化があるかも?
と予想できます。


私はアメリカの政治には
詳しくないので話はこの辺にしておきます。




さて、ここからは日本のお話です。

「みなさん、選挙行ってますかーーーーー!?」

「投票してますかーーーーーーーーーーー!?」

総務省によれば
平成29年の国政選挙の投票率は
53.68%だったそうです。

(データが古くてすみません)

中でも20代が約33%、30代が約44%と
どちらも50%にすら届いていない悲惨な状況。



で、ここからは選挙に行かなければいけない
最も簡単で分かりやすい説明と、
若い世代が選挙に行かないことで訪れる
こわ~い未来をお見せします、笑






特に20代、30代の皆さん!!
選挙に行って下さい!!!


まずは、若い世代こそ
選挙に行かなければいけない理由から。


理由を知るには、
政治家の気持ちになるのが一番です。

まず、政治家にとって一番大切なことは
なんだと思いますか?



それは、『選挙に当選すること』です。


そして当選する為には
もちろん出来るだけたくさんの人に
投票してもらわなければいけません。


と言うことは、
投票率の低い20代、30代の人向けの政策を
打ち出すよりも投票率の高い50代、60代の人向けの
政策にした方が当選しやすいと思いませんか?

(高いと言っても投票率は
50代約63%、60代約72%です)


だから政治家にとって何よりも
優先しなければいけない【当選】を果たすためには
政治家は高齢者向けの政策を打ち出すしかないのです。


つまり、このまま20代、30代が投票しないと
将来の日本は高齢者だけに優しい社会に
なってしまうのです、苦笑



だってよー、若者向けの子育て支援などの政策を打ち出しても
どうせ若者世代は投票しにけーへんから
この政策は実現することがでけへんやんけー!


てな感じ、笑




ただでさえ、これから日本は後期高齢社会が進んでいくので
立場的にも社会的(政治的)にも若者への負担が
大きい社会が訪れるのです。


ちなみに人口動態、人口推移予想に関しては
かなり精度が高いと言われているものなので
よほどの非常事態(天災等)が起こらない限り
日本には必ず後期高齢化社会がやってきます。



若い世代が投票をしているというところを
投票率で見せなければ政治家はいつまでも
高齢者の為の政策を打ち出し続けることでしょう。

(しょうがないんです、当選する為に、笑)



ここで覚えておかないといけないポイントは、

『政治家は当選する為に政策をつくる』
と言うことです。



若い世代が投票をせずに
外から文句を言い続けても何も変わりません。


なぜなら、
政治家は文句を言われたくないように
政策を作るのではなく当選する為に
政策を作るからです。



選挙に行かない人の声なんか、
一ミリも気にしていないのです。

このまま若い世代の投票率が低いままなら、
若い世代に優しい政治をしたくても出来ないのが
政治家の本音なのです。



と言うことで、
若い世代こそ選挙に行かなければいけない理由は

若い世代に有利な社会にする為
でした。



では、ここからあくまでも予想ではありますが、
簡単に高齢者に優しく、若い世代に優しくない
社会を予想しますね。





まずは子育て、子育て支援等の政策をメインに打ち出して
活動する政治家はますます減ってくるでしょう。

現在でも待機児童の問題や、
その他の児童支援の問題があるのに、
問題はどんどん膨れ上がっていくことが予想されます。


そして介護や老後のケアの問題。


この辺にお金やその他の労力全部が
使われるようになってしまっては
若い世代に回ってくるお金やケアは
どんどん薄くなってしまいます。



選挙にいかないことで訪れる
こわ~い社会の問題は挙げればキリがありません。


でもこの怖い未来を選ぶのは政治家ではなく
選挙に行かない人たちなのです。


その被害は現在の若い世代の子供たちや
その子供たちにも及びます。

「選挙にいっても何も変わらない」

そう思っていませんか?




もしかすると、短いスパンで見ると
何も変わらないかも知れません。

長い目で見た時に、若い世代の声を政治家に
届けることをしなければますます
不満の多い社会になってしまうのです。



ですが、そんなことに文句を言っているうちに、
若い世代自らの手で「選挙に行かない」という方法を使い
「若者に優しくない未来」を選んでいるのです。


敷かれたレールの上を走り日本の未来を作るのは
政治家の皆さんかもしれません。

でもどのレールを走るのか、
選ぶのは私たち有権者です。



まだ遅くありません、
自分たちの手で未来を選ぶ選挙に出かけましょう!



おっと!

忘れるところでした。


年金のお話です。

年金は無限にあるわけではないので
(諸説あり)使い果たすと無くなります。


このままいくと今の若い世代は
年金をもらうことはできません。



つまり、一生働き続けるか、
若いうちに努力して財を築くしかなくなるのです。



『日本の年金は破綻している』


まぁ、だいたいこんな感じで、
不安をあおり伝えられていますよね?




はっきり、お伝えしときます。


安心して下さい!

日本の年金制度は破綻なんかしていません!!



あなたの代わりに私は年金について
調べまくりました。





もう少し掘り下げてお伝えすると、
年金を破綻させることはできるけど、
破綻させるには結構難しいです。




詳しく知りたい方は
私に会いに来て下さい、笑


その時に日本の年金のからくりに
ついてお話しますね。





あなたの明るい未来を願っています!



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



では、良い週末を。






ビストロ トナリャオ 主(あるじ)


★このメールに返信すると直接
小林にメールが届きます。

メッセージや質問などいただけると
嬉しいです。

私は誉められて伸びるタイプなので
誹謗中傷意見はご遠慮下さい、苦笑

※24時間以内に必ず返信いたします!

============================


【住所】 
神戸市灘区岩屋北町4-4-9

【予約TEL】
078-801-2366

【メール】 
tonaryaori@gmail.com

【発行責任者】 
『お箸で食べるフランス料理・
ビストロ トナリャオ』

オーナーシェフ 小林賢史




【ランチ】12:00~13:30(L.O.)
◆前日までの要予約

【ディナー】18:00~22:00(L.O.)
◆定休日:日曜(不定休、イベント等で臨時営業日有り)



【ホームページ】
http://www.tonaryao.com/sp/index.html


【嬉しいお客様の声】
https://www.tonaryao.com/blog/?p=1076


【note】
日々のマインドセットや読み物として
書いています。
あなたのお役に立てばと思います。
一度覗いて見て下さい。
https://note.com/hashtag/%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%82%AA%E7%A5%9E%E6%88%B8




【子煩悩シェフ小林のfacebookページ】
FB友達リクエスト大歓迎です!!https://www.facebook.com/profile.php?id=100008107603044



【トナリャオYouTubeチャンネル】
適当でアホな漫談したりしています、笑
チャンネル登録いただけると
めっちゃ喜びます。
https://www.youtube.com/channel/UCN6oQlyiLZ6HsVhLmF9zp7w



【トナリャオ子煩悩シェフInstagram】
フォローしていただけると
もろ手をあげて喜びます、笑
https://www.instagram.com/kenshikobayashitonaryao/





Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事検索

カテゴリ一覧